ホッピングガール@医学部

観覧ありがとうございます! 雑貨と旅行が大好きな大学生です♪ 好き勝手に書いていきます( ´艸`) ざっと書いているので詳しく知りたいことなどありましたら遠慮なくコメント下さい♡

2018年04月

地方空港のススメ(LCC)

最近3連休で私がアジアに行ってるって話。主に地方の方向け。

友人が知らなかったのでとりあえずまとめようかと、頑張ってます。


上海ディズニー、香港ディズニーは西日本からなら、東京ディズニーよりも場合によっては安く楽に行けるかもしれません。


上海、香港行きの飛行機は地方空港からも出てます。しかも、LCCで。

(韓国、台湾などもあります。うーん、どっかでまとめたい)


わざわざ関空や羽田、成田に行かずに行けちゃうんです。

近いし、時差もそんなにないし、地方空港だから空港使用料は安いか無料です。さらには、小さな空港なので出国手続きもひどく並ぶことはなく快適で、他の飛行機が多数あるわけではないので滑走路手前での謎の待ち時間などありません。


例えば山口県の方でしたら、わざわざ関空まで出て高い空港使用料払って行くより、

福岡、広島に出て行った方がオススメです。

・山口関空の移動時間

・フライト時間

を短縮出来ます。

・山口関空の移動料金

・空港使用料

をコスト削減出来ます。



LCCなので、荷物はそんなに持てませんが23日であれば、工夫すれば間に合うでしょう。

ただ、春秋航空はLCCにも関わらず荷物が10キロまで預けられるのです!!!

めちゃめちゃおすすめ。

上海しか基本行けないけど笑

(上海物価安いし楽しいよ!)

札幌、茨城、成田、大阪、名古屋、香川、広島、佐賀

行けるならぜひぜひ。


そして、買うときに気をつけなくてはならないのが

「セール」です。

セール抜きで買うとLCCの良さが半減です。


さて、、セールの情報はどうやって得るのか。


私がやっている方法は

LCCjp

ここのサイトをフォローして、セール情報を待つ!



のではなく!!!!!




過去一年に渡り自身の利用したい会社のセールがどの時期にあるのか、またセールによっては名ばかりのセールで全然安くなっていないセールもあるのでその辺の相場も確認する。


そうすると、いつ頃どんなセールが行われるか見えてきます。

あとは、セールの日にパソコンの前で待って争奪戦に挑むだけです。


また、その航空会社のメルマガ登録してるから安心と思っていらっしゃる方がおりますが、それは疑問に思います。

メルマガは場合によっては発売直後もしくは翌日なんてこともあるので、最もお得なセールは気づいた時には売り切れなんてことはありがちです。



LCCのセールで信じられるのは公式ホームページのみです。

そこに急に安いチケットが出てくる。それがLCC。


なので、ある程度自身で予測することが大事だと思います。


あとは、チケット代は安いけど諸経費により値段が跳ね上がることもお気をつけを。

それは、セールの前にお金を払う手前までチケット購入の手続きを行うと諸経費を知ることができます。そこからセールになった時に航空券としていくらになるか計算できます。予算とにらめっこして下さい。



また、買う時は海外であればパスポートの準備も忘れずに。

いちいち探すのも大変だと思うので、辞書登録して簡単に出せるような工夫や紙にメモなどしておくのおすすめです。



あと、忘れちゃいけない保険の話。


LCCは遅延、欠航が多いので


「航空機遅延費用」


はつけた方がいいんじゃないかなーって話をしたかったのですが

長いので一旦切ります。


もう少し詳しくまとめていきたいところ。

いざ乗船!


さて、チェックインも済ませいざ乗船です。

まずはお部屋に行って荷物を置きます。荷物を預ければ部屋の前に置いてあります。

早めに乗船すれば、食事も取れます。
乗った瞬間から食べ放題なのでケチな私は早く乗りたい笑
ただ、今回はギリギリに乗船を決めたため移動もあり、締め切り15分前に着くという暴挙に出てましたので、それは叶わず。
次はゆったり乗りたいものです。

なので、私は荷物を置いたらすぐに避難訓練会場へ。
部屋ごとに集合場所が違っているので適当な人についていかないようにしてください笑
部屋ごとに避難場所が異なるため、集合場所が異なるようです。
それから、点呼を取られ全員がきているか確認されます。スタッフが乗客を冗談交じりに静かにさせるトーク力は見応え(聞き応え?)あるの注意して聞いてみてください。
避難訓練は訓練というよりも緊急時の説明で、飛行機での離陸前の説明をイメージしていただけるとわかりやすいかと思います。

それさえ終われば、あとは自由です。 

カジノなりクラブなりプールなり、、
次の寄港を遊んで待つだけです。

Jacksonville港は川なので海へ向かって進んで生きました。
IMG_6434


次は食事とか適当に説明しておこうかな。

船の出国手続き!


国境超えるような船には初めて乗りました。
普通のフェリーとは違う!(当たり前)
船でも出国手続きするのですね(もの知らなさすぎ)

港に着いたらどこ行けばいいのだろうと不安に思っていたのですが、杞憂に終わりました。
明らかに「ここ!」と分かりやすく入り口がありました。それ以外の入り口はありません。
そこへ向かうとまずは荷物検査。
ペットボトルの飲み物が制限されていたので、そこで取り上げられます。
私たちはどうせ中で飲み放題なので要らないだろうと持ってきてなかったのですが、ここでカルチャーショック!
みんな「箱で缶ジュース」を持ち込んでました。
ペットボトルがダメなのに缶はイイわけ?
取り上げられるでしょ!と思っていたのですが、大多数がやってるし勿論持ち込める!
みんな重すぎるらしく、地面に置いて蹴って運んでました笑
お気に入りの飲み物がある方は是非参考にしてください笑

荷物検査が終わると出国手続き。
パスポート見せて、写真撮って…
それが終わるとホテルのチェックインのような確認。
住所確認され、部屋のキーが渡され、船の説明。

ここで、船ならではのことが!
もしこの船に何かあったらどこに知らせたらいい?
と聞かれました。何かあったらって!何かあったらって…!飛行機ではこんなこと聞かれないので新鮮でした。
とりあえず実家とその電話番号と父の名前を伝えました。

この住所、電話番号などは向こうが私たちから聞きながら書きます。私たちが紙を渡され書く様式ではありません。
なので、日本人の地域や名前に慣れていない向こうにいちいちスペルから教える必要がありました。(ディズニークルーズなら日本人にも慣れているのかも知れませんが、今回私が乗船したのはカーニバルクルーズで、船唯一の日本人グループでした。それほど日本人には慣れていないと思われます。)
そんなことしてるとスタートから疲れてしまうので、ある程度聞かれそうなことは紙に英語で書き出しておくのが賢明だと思いました。
・家の住所(アメリカ式の順番で)
・電話番号
・何かあったときに伝える人の電話番号と名前と続柄

これが済めば、いざ乗船です。



記事分けます〜。
ギャラリー
  • いざ乗船!
  • オフ会参加してきました!
  • オフ会と近況
  • ハワイ(ホノルル)のホテル〜まさかのリゾートフィー〜
  • 大富豪でなくても夢のハイローラーになれる!
  • あけましておめでとうございます。
  • ラスベガスでの小話〜ネガティブ編〜
  • ラスベガスバフェ&Wi-Fi事情〜8月編まとめ〜
  • ラスベガスバフェ&Wi-Fi事情〜8月編まとめ〜