国境超えるような船には初めて乗りました。
普通のフェリーとは違う!(当たり前)
船でも出国手続きするのですね(もの知らなさすぎ)

港に着いたらどこ行けばいいのだろうと不安に思っていたのですが、杞憂に終わりました。
明らかに「ここ!」と分かりやすく入り口がありました。それ以外の入り口はありません。
そこへ向かうとまずは荷物検査。
ペットボトルの飲み物が制限されていたので、そこで取り上げられます。
私たちはどうせ中で飲み放題なので要らないだろうと持ってきてなかったのですが、ここでカルチャーショック!
みんな「箱で缶ジュース」を持ち込んでました。
ペットボトルがダメなのに缶はイイわけ?
取り上げられるでしょ!と思っていたのですが、大多数がやってるし勿論持ち込める!
みんな重すぎるらしく、地面に置いて蹴って運んでました笑
お気に入りの飲み物がある方は是非参考にしてください笑

荷物検査が終わると出国手続き。
パスポート見せて、写真撮って…
それが終わるとホテルのチェックインのような確認。
住所確認され、部屋のキーが渡され、船の説明。

ここで、船ならではのことが!
もしこの船に何かあったらどこに知らせたらいい?
と聞かれました。何かあったらって!何かあったらって…!飛行機ではこんなこと聞かれないので新鮮でした。
とりあえず実家とその電話番号と父の名前を伝えました。

この住所、電話番号などは向こうが私たちから聞きながら書きます。私たちが紙を渡され書く様式ではありません。
なので、日本人の地域や名前に慣れていない向こうにいちいちスペルから教える必要がありました。(ディズニークルーズなら日本人にも慣れているのかも知れませんが、今回私が乗船したのはカーニバルクルーズで、船唯一の日本人グループでした。それほど日本人には慣れていないと思われます。)
そんなことしてるとスタートから疲れてしまうので、ある程度聞かれそうなことは紙に英語で書き出しておくのが賢明だと思いました。
・家の住所(アメリカ式の順番で)
・電話番号
・何かあったときに伝える人の電話番号と名前と続柄

これが済めば、いざ乗船です。



記事分けます〜。