ラスベガスのホテルの値段は日によって異なります。
言い間違えました。
日によって、乱高下します笑
昨日3万円だったホテルが今日は1万円ということもよくあります。


高いホテルが安くなっていたら、、、そりゃ泊まらないわけにはいかないと貧乏根性が働いてしまいました^^;

と、いうわけでやって参りました!
ハードロックホテル!

ハードロックカフェ同様ギターが刺さってますw

入り口のドアを開けようとすると…
ギターのドアノブ‼︎‼︎
これはロックファンでなくても、軽音サークルでなくても、楽しくなってきますよ(o^^o)

上を見上げれば
The House Is Rockin' の歌詞ですね!しかも入り口にぴったりな歌詞です( ´艸`)
入り口だけで期待が膨らみます。

中に入ると、ガラスケースに入った有名なロッカー(例えばミックジャガーとか)のサイン付きの楽器や衣装がありました。
セックス・ピストルズのお宝写真とかもありましたよキャー♡╰(*゚x゚*)╯

エレベーターにも…
いろんなところに歌詞が散りばめられています。

そして、ホテルの照明!
クラッシュ
ハイハット

叩いてみましたが、本物でした笑
普通に偽物だと思ってホテルの廊下でクラッシュを叩いた時は、すっごく焦りました(;´Д`A

(´-`).。oO(せめてクラッシュかハイハットか確認してからにすればよかった…笑)

全部本物だなんて豪華過ぎる(*´∀`*)


部屋に入ってゲストブックを開こうとすれば
端っこにピックが…!

もう、ウォーリーを探せのようにキョロキョロしてしまいました( ´ ▽ ` )

しかも、ハードロックホテルのプールはラスベガスNo.1の賞をもらうほど豪華で、ホテルのプールとしての満足度?ランキングでも全米No.1だそうな…

確かに、ホテルのプールと思えないほどの広さで長めのウォータースライダーもあり、ベンチにはクッション付きという豪華さでした♥︎

一日中遊べそうでした(*´꒳`*)

場所がメインストリートから少し離れているのがちょっと問題なように感じますが、1時間に1回ファッションモールまで運んでくれる無料バスがあるので、問題ありませんでした^ ^

ただ、カジノの種類や台が少なかったのでカジノメインで来られている方には物足りないかもしれません。

このハードロックホテルから徒歩5分でCVSというドラッグストアに近いお店がありとても便利でした。生鮮食品はないものの、冷凍食品、パン、バナナ、りんごや飲み物が安く売っていました。お土産に最適なお菓子もたくさん売っていて、オススメです♥︎

ベッドも丁度いい硬さで、布団がシーツではなくふかふかなものでゆっくり休めるホテルでした。
到着当日に泊まるには最適でした♪