ハワイに行くなら何を持って行くとお得でしょうか?

それはJCBカード。
キラーン(。 ー`ωー´)✧

ここをクリックするとそのまま申し込み検討画面まで飛べます♪
ここで申し込むとアマゾンのギフト券最大で7000円もらえます。 
無料で買うのにギフト券がつくという幸せ♡
大学生でも18超えてれば申し込み可能です((´艸`*))


決してJCBの回し者ではありませんよ!(笑)
ただの旅行好きの医大生です(*・∀・)


今回の旅行ではハワイに泊まらない私は、カードラウンジJCBプラザラウンジに休憩と荷物を預けに寄らせてもらいました
そこでちょっと脱線。
ハワイに行くならJCBカードを作って持って行こうと勧める3つの理由を述べます。

①ラウンジが無料で利用出来る!
到着当日はとても疲れるものです。
特にハワイ旅行は日本と時差19時間があり、航空会社によって多少変わりますがワイキキに到着するのは8~10時ごろ。その時、日本は深夜3~5時。一番眠く辛い時間帯です。
それなのに、ホテルは繁忙期になればアーリーチェックインをお願いしててもやっぱり待ってと言われることすらあります。
荷物はホテルに預けられたけど、ちょっと一息つけなくて折角の旅行が辛いと感じることさえも…
そこでJCBプラザです。
ソファーでだらだらしてても居づらいくないし、町のベンチと違って人通りもない。
さらにはマッサージ機まであります。ドリンクサービスもあり、休憩には持って来いです。
来店すると、ウェットティッシュなどちょっと便利なものをいただけたり、イベント時にはくじ引きでいろいろもらえたりします( ´艸`)
勿論、Wi-Fiもありますし無料で荷物も預かってくれます^^
印刷も可能です♪
なにげに傘の貸出もあります(笑)


え~別に辛くても、買い物するから別にいいよ~というあなたへ

ハワイの現状を知ってください。
ハワイの朝は遅いです。DTFの開店も11:00~になってしまった今、ワイキキは11時までは正直コンビニとパンケーキ店しか開いていないのが現状です。そのため、早く到着してもショッピングさえ出来ません(´-ω-`)
ちなみにアラモアナショッピングセンターは9;30~で日曜日は10:00~です。


そんな中、JCBプラザラウンジの開店は年中無休で9:00!

というわけで2つめの理由はこちら

②ラウンジの開店が早い 
これは、朝の遅いハワイではとても大きい理由になると思います。
そんな中JCBは早めに開くので、朝早く到着して開店待ちにはいいでしょう。
さらには、るるぶなどのハワイのガイドブックも置いてあるので、どこに行こうか悩んだときにも朝早めにホテルを出て調べて行くにも打って付けです。 
ついでにさまざまなクーポンもいただけるのでそこから選ぶのもあり!
でもこのクーポンよりも、街中の英語フリーペーパーの方がお得だったりするので、ここはそこまで押しません(*-∀-*)
ただ、日本人向けのお店だなと思った時にちらりとJCBカードを見せるだけで5〜20%オフになるのでやる価値ありです(´艸`*)

ラウンジはDTFの向かいのワイキキ・ショッピング・プラザの2階にあります。
住所は 
2nd Floor, Waikiki Shopping Plaza, 2250 Kalakaua Ave., Suite 207A, Honolulu, HI 96815, U.S.A. 
営業時間は9:00~20:00
サイトはこちら


③ピンクラインのトロリーに無料で乗れちゃいます
南国のハワイに行ったらやはり乗ってみたいトロリー。
ただ、意外と高いんですよね。歩いて行ける距離をお金払うのもバカらしいですし。
街中のトロリーは勿体無い気がするし、かと言って町外れに行くトロリーは1時間に1本しか出ていなくて割に合わない気がしてしまう…。
そしてそんなお金があったらお土産買いたいとも思っちゃうケチ心(笑)
ピンクラインは、JCBカード1枚の提示で2人まで無料で乗れちゃいます。
しかも2階建てバスのときもあります。最近では乗車中のWi-Fiも利用可能となりました!
気になるコースは、DTFとアラモアナを約10分ごとに巡回しています。
一番、使いたいコースなのです!
そのコースを無料で使えてしまいます♪

詳しくはこちら


以上のサービスは全てJCBのマークが右端にあるだけで、OKです。 


カードの種類によっては年会費無料でも、海外保険がつきます♪
ただ、ここには大きな落とし穴があるので気をつけてください!
・いくつもカードで保険があっても合わせ技が不可能なもの。
・支払い限度額は高かったとしても、1つの事故に大しての限度額はかなり低くスズメの涙程度なもの。
・払われる条件が厳しすぎるもの。

そのため手放しに喜ぶのは危険です。
ちゃんと1つ1つのカードを検討して自分に合うものを見つけてから申し込みましょう。

…それにしても、Amazonの申し込み特典は素晴らしい( ´-` ).。oO ( ♡ )


カード1枚持っているだけで、これだけのサービスが受けられるなら、旅行前にカードを作って行くのもありだと思います。
無料で作れるカードもあるので、良かったら検討してみてください♪