ホッピングガール@医学部

観覧ありがとうございます! 雑貨と旅行が大好きな大学生です♪ 好き勝手に書いていきます( ´艸`) ざっと書いているので詳しく知りたいことなどありましたら遠慮なくコメント下さい♡

大富豪でなくても夢のハイローラーになれる!

ラスベガスでよく見る"high roller"という文字。
その意味は、カジノで高い掛け金で遊ぶ人のことです。勝ち負けは関係ありませんのであしからず笑

私もいつか8桁くらいのお金をドブに捨てるかのようにカジノしてみたいと思ったり(●´ω`●)
全て消えてしまうのか、2倍いやそれ以上になって返ってくるのか、心臓が口から出てきそうな緊張の一瞬を味わってみたいと思うのはマゾだからでしょうか?それとも、カジノに病みつきになってる症状なのでしょうか?

話は戻してハイローラーのことですが、ハイローラーの醍醐味(私が思っているだけです)は高額な賭け金で遊ぶとカジノ側から上客扱いされディーラーなどからホテルのお部屋や食事などのサービスをオファーされます。
それがまさに(私の)憧れの"high roller" 
今でもディーラーから直接お誘いもあるようですが、最近メインになっているのはプレーヤーズカードによるcompを貯めるといういわばポイント制度です。
ただ「ハイローラー」と聞くとアラブの大富豪がお金をばらまくように使ってやっと提供してもらえるイメージで、学生の私には縁のない話だと思って全く調べませんでした。

しかし!実は学生でも根性をだせば届く範囲のようです。
やはり世の中情報戦ですね。
英語サイトを回って一生懸命調べ現地で経験し、その知恵の集大成である神記事が最近できあがりました。
以前オフ会で出会った次郎作ブログの布施田さんの ラスベガスのカジノでルームコンプをもらう方法【Total reward編】という記事です。

プレイヤーズカードの作り方や使い方は以前紹介しましたが(ラスベガスのホテル、カジノ、ビュッフェをお得に!)、布施田さんはシーザース系で共通のTotal rewardsというカードで行われたようです。(私もハラーズで作ったのですが3分もかからず出来ました。作る場所が分からなければプレイヤーズカードが欲しいとスタッフに伝えれば教えてくれます。パスポートを忘れずに!)
確かにWynnとencoreだけとかサーカスサーカスだけとかのプレーヤーズカードよりもさまざまなところで使えるし、何よりもシーザース系のバフェが食べられるのは魅力的。
布施田さんは食事のみならずホテルも何泊か無料になったようです。
これはまさにハイローラーですね!

カジノにどれほど予算を割くか、ホテルはいくらほどか(リゾートフィーも忘れずに)、やりたいゲームが遠慮なくできなくなるかもしれないこと(例えばクラップスはポイントに入れてもらえないことが多く、入れてもらえても少ない)とか、さまざまな秤にかける必要があるので一概におススメはできません。
しかしラスベガスにカジノを目的にして行く人には知っているとお得ですし、私のようにハイローラーに憧れを持っている人には現実的な数値で目標を示してもらえるのでありがたい話です。

知っていて損はない話ですし、こんなに事細かにcompの説明をしてくださっている記事は他にないと思うので是非見てみてください。ラスベガスはルールをころころ変えることで有名ですが(笑)大枠は変わることはあまりないので布施田さんの記事を読んでから公式サイトを読むとわかりやすいと思います。 


憧れのハイローラーへの道開かれたり!!!!!!!

再掲

あけましておめでとうございます。


あけましておめでとうございます。

初詣してきました^^

今年も不定期更新でコメントは早めにお返し出来るよう努力致しますので、決して「放置」はしないつもりなのでよろしくお願いします!笑


まずは3月までにスタンフォードから日本に帰るまでの記事を出すことを目標に頑張っていきたいと思います( ̄^ ̄)ゞ

ラスベガスでの小話〜ネガティブ編〜

今回は今までの記事に書ききれなかった情報&思い出をちょこちょこ集めてまとめたものです。


【サーカスサーカスの別館的なカジノ場Slots a Funの治安は微妙】
サーカスサーカスの隣にある小さなカジノ場に賭け金の低いクラップスとブラックジャックがありました。
ダウンタウンと比べてもここが一番賭け金が低かったです。$2スタートなので、いきなり$10や$5を賭ける自信のない方はこちらで遊んでみたらいかがでしょうか?

このSlots a Funの正面入り口にはドアがなく簡単に入れてしまいます。

なので、ちょっと暑かったり寒かったりしました笑

そんな感じなので警備があまり行き届いていないようで、治安が少し悪くなってしまうようですね。
私は時差ぼけで早く起きたためここで一人で遊んでました。

そしたら、急にやってきた人から話しかけられました。
カジノをやってる時に一緒にやってる人や覗いてる人から話を振られるのはよくあることなのですが、いきなり話しかけてくるのはあまりなかったので違和感はありました。

要は「儲かってるんだろ?金くれよー」ということでした。
ゲーム片手に見ていたので気づかなかったのですが、多分家がない人でした。
普通ならそういう行為をしようとする人がいたら、警備員さんに追い出されていると思います。しかし早朝、入り口が広いこと、警備員さんが少ないことの要因が重なってそうなったのだと思います。

ラスベガスで警備員さんが沢山いて治安がいいと信じ切っていた部分があったので、びっくりしてしまいました。



【タクシーはぼったくりが存在する】
これは、帰りのタクシーの話です。
ラスベガスのタクシーはしばしばfree way に遠回りをして20ドルほどのところを50ドルほど請求される時があるという話が出回っています。
それをさせないために
"No free way please"
と頼みましょう、という話があるのですが少しおまじないのような感覚で言っていました。

今回乗った時のことでした。いつものようにおまじないを唱えたのですが、sureは勿論okも言わず随分無愛想なタクシーの運転手さんだなぁとは思っていました。
なので不安でずっと景色を確認していたのですが、きちんと着いてくれました。
しかしお金を払う時チップ込みで20ドルちょい払ったら、
「本当なら50ドルなんだよ。あとは30ドル払えよな。」
と面と向かって言われました。理解出来ないと思ったのか本気で言ってきたのかはわかりませんが、元々は遠回りをする気でいたのだけはわかりますよね(・・;)
未だにぼったくりはあるのだなぁと感じました。
みなさん、騙されたと思っておまじないを唱えましょう。
"No free way please"
です。

今度はポジティブ編も書くつもりです♪

ギャラリー
  • ハワイ(ホノルル)のホテル〜まさかのリゾートフィー〜
  • 大富豪でなくても夢のハイローラーになれる!
  • あけましておめでとうございます。
  • ラスベガスでの小話〜ネガティブ編〜
  • ラスベガスバフェ&Wi-Fi事情〜8月編まとめ〜
  • ラスベガスバフェ&Wi-Fi事情〜8月編まとめ〜
  • ラスベガスバフェ&Wi-Fi事情〜8月編まとめ〜
  • ラスベガスバフェ&Wi-Fi事情〜8月編まとめ〜
  • ラスベガスバフェ&Wi-Fi事情〜8月編まとめ〜